読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入田康夫の姓名判断ブログ

姓名判断ブログ

姓名判断における天格とは

姓名判断における天格とは?ご紹介します。
天格とは姓における総画数であり、祖先運を示します。
姓が祖先から代々受け継いでいる名字である様に、天格は自分の力とは関係なく、ある種家柄を現している様なものです。また、晩年になればなるほど天格は影響力が高くなると一般的にいわれています。

姓名判断において、天格だけで判断する事は出来ませんが、名字と名前の組み合わせによる字画数が姓名判断に置いて大切です。

また、婚姻によって姓が変わった場合、当然天格も変わり、名字と名前の合計画数である総格も変わってきます。

最近では夫婦別姓という選択肢もありますね。婚姻後の姓名判断があまりに気になる様であればこうした選択肢を取るのも一つの手かもしれません。

 

姓名判断結果の見方

姓名判断結果の見方についてご紹介します。
姓名判断を占って結果が出ても、格って何だ?と思われる方も多いでしょう。せっかく占っても見方がわからなければ意味がないですよね。姓名判断の見方を知るにはまずは格を知ることが重要です。

【姓名判断の見方】
姓名判断では名前によってその人物の過去から現在、そして未来が暗示されていると言われています。そうした考えに基づき姓名判断では「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」といった5つの格「五格」に分類してそれぞれの運を占います。

また「天格」「人格」「地格」「外格」「総格」にはそれぞれ意味があります。
姓名判断の見方を覚えて、自分自身や周りの人の名前などを是非占ってみてください。